[Docker] exit code 137 エラー対応方法

事象

next.jsを動かしているnodeが、画面アクセスのタイミングで下記エラーでコンテナが落ちる。

exit code 137

Exit code 137は、プロセスがシグナルで終了したことを示す特殊な終了コードです。通常、この終了コードは「シグナル137」とも呼ばれます。一般的な原因としては、プロセスがメモリ不足により「キル」シグナルを受信して終了した場合が挙げられます。

対応

Exit code 137(シグナル137)が発生した場合、主な対応方法は以下のようになります。

  1. メモリ不足の解消: シグナル137がメモリ不足によって発生することが多いので、プロセスが必要とするメモリを増やすことを検討します。これには、プロセスのメモリ使用量を最適化することや、より大きなメモリリソースを持つ環境に移行することが含まれます。
  2. プロセスの最適化: プロセスが無限ループに陥ったり、無駄な計算を繰り返している可能性があります。プロセスのコードを見直し、効率的なアルゴリズムやリソースを最適化することで、シグナル137を回避できるかもしれません。
  3. ハードウェアリソースの確認: シグナル137は、システムのハードウェアリソースの制約によっても引き起こされる可能性があります。CPU、メモリ、ストレージなどのリソースを監視し、必要なリソースが十分に確保されているかを確認します。
  4. ログの確認: プロセスがシグナル137で終了する前に、エラーログやシステムログをチェックして、何が原因でプロセスが終了したかを特定します。これにより、具体的な原因を突き止める手がかりを得ることができます。
  5. シグナルの捕捉: プロセスがシグナルを受け取る前に、シグナルを捕捉して適切に処理する方法を実装することも考えられます。シグナルの捕捉により、プロセスが正常な方法で終了することができるかもしれません。
  6. バックアップと復元: プロセスが不安定な状態にある場合、データのバックアップを行ってから、システムやアプリケーションを復元することを検討することが重要です。これにより、データの損失を最小限に抑えることができます。

その他のエラー

その他、過去に発生したエラーへの対応方法

Docker Composeのエラー対処法: Daemon Error – no space left on device